お腹が苦しい気がする

久しぶりに胃もたれかも・・・

このようなすっきりしない感じがある時、腸の働きが鈍っているのかもしれません。

 

お腹がゴロゴロして音が気になるし、

人前でお腹に力を入れて堪えなきゃならなくて苦しくなることもありますよね。

 

こういう時って、肌の調子もイマイチではありませんか?

 

腸の活動は、消化吸収で不要物を排出するだけでなく、

健康面や美容面にも関わり、人間にとって重要な免疫力も担っています。

 

 

腸の元気を整えることで、スッキリ身軽な健康生活を送ることができるのです。

 

美容面での効果もアップするので、

なんだかイマイチと思っていたいつものスキンケアもちゃんと効果が出るようになりますよ!

化粧ノリも良くなれば心配事も減って一石何鳥にもなります。

 

このコンテンツではそんなお腹の中の「腸すごい」働きについてご紹介します。

乳酸菌サプリおすすめ人気ランキングはコチラ!

 

【1】腸内フローラの仕事

[1]ヨーグルトや納豆だけでは足りない?

腸に良さそうな食事をとっていても、それだけでは調子良くならないことがあります。

お腹がゴロゴロしやすかったり溜まりやすかったり。

頑張ってヨーグルトや納豆を食べてみますが、なかなかすぐには効果が出てくれません。

腸では消化された食べ物から栄養分が吸収され不要な老廃物がまとめられていきますが、

腸の中では人間にとって重要な「免疫細胞」も作り出されています。

免疫細胞は腸の中に住んでいる無数の菌の力で生み出されているのです。

 

[2]腸には無数の菌【腸内フローラ】

え?腸の中で免疫細胞が?と思ってしまいますが、

そうなのです。

腸の中の大量の細菌たちが免疫細胞を生み出しているのです。

 

人の腸の中には、細長い小腸から太い大腸にかけて、無数の腸内細菌がいます。

 

消化吸収を助けることはご存知だと思いますが、免疫機能を受け持つ大量の細菌が住んでいます。

腸の中だけで細菌の数は約100兆個、種類は400~500種類以上と言われています。

 

人間の身体をつくっている細胞の数は約67兆個と言いますので、

細胞と細菌では大きさが全く違いますが、

腸内細菌が約1000兆個というのは驚くほどの膨大な数字です。

しかもこの腸内細菌だけで2kgもの重量になるといいます。

それだけ重要で不可欠な細菌たちなのですね。

 

腸内フローラ

この大量の腸内細菌ですが、みんなバラバラに過ごしているわけではありません。

効率的に働くためでしょうね、種類ごとに集まってコロニー状態で存在しています。

その集合体の様子から、ご存知の通り「腸内フローラ」と呼ばれています。

これらの腸内細菌の大群は体内の免疫細胞(NK細胞など)の約70%を作り出しているのです。

実は、人間の体内では毎日ガン細胞の元が発生していてその数は約5000個と言われています。

 

毎日5000個・・・

これもまた膨大な数です。

 

明らかに有害な要素が体内に発生しているので、やっつけたり排除しなくてはなりません。

 

そこで腸です。

 

腸は「第二の脳」とも言われているのですが、入ってきた物質の有害性を腸内で判断し、

腸内細菌が有害物質やがん細胞を分解したり排出したりする力を持っているのです。

 

つまり腸は有害なものを判別する能力を持ち、

細菌たちは分解・排出する力を持ち、身体を守る免疫細胞も生み出しているわけですね。

 

また腸内細菌についてはNHKテレビ番組でも放送されたように、がんや糖尿病、肌のシワや肥満などの体質だけでなく、うつ病などの脳への影響を持っている可能性もあると考えられ、さらに研究が続けられているそうです。

 

欧米では腸内フローラの能力を解明するため国家的なプロジェクトがすでにスタートし、注目が集まっています。

 

  • 腸内の細菌がスムーズに活動することで、お腹の調子も肌質も改善されてくる。
  • 免疫機能が良くなれば、病気にかかりにくくなるし、なんとガン対策にもなりそう。

 

健康全体につながる腸内細菌・・・

そう分かるとさっそくお腹の中を改善したいものですが、食事でサッと良くなるものなのでしょうか。

 

そこでプロバイオティクス

ヨーグルトでよく目にする「プロバイオティクス」という言葉。

 

これはヨーグルトの成分?というイメージがありますが、これで腸の中をキレイに出来そうですね。

プロバイオティクスは腸内フローラのバランスを改善して、お腹にとって良い機能を持つ微生物のことで、

「乳酸菌」や「ビフィズス菌」全体を指す言葉なのです。

 

乳酸菌は主に小腸に住み、ビフィズス菌は乳酸菌の一種で主に大腸に住み整腸作用を持っています。

 

乳酸菌の仕事

乳酸菌にはビフィズス菌やガセリ菌、ラブレ菌などがあり、製品名にもなっていますね。

 

多くの種類があり、炭水化物(糖類・糖質)を分解して乳酸などを生成する細菌です。

 

この乳酸の作用で腸内は酸性になり、悪玉菌の増殖が抑えられてくるのです。

また、この乳酸の刺激で腸が活動しやすくなり便を運び出す動きが良くなります。

詰まりやゴロゴロが解消するということですね。

 

「プロバイオティクス」は良い腸内細菌を増やして健康を維持するために重要な菌の総称なのです。

何の名前なのだろうと思っていましたが、どちらにしてもお腹に良い!ということは間違いなさそうですね。

 

乳酸と乳酸菌の違い

「乳酸」と聞くとスポーツのときの疲労物質のイメージがありますが、これは激しい運動の際の一時的な現象です。

体内の糖質が運動中に変化して酸性の「乳酸」として生み出されるのですが、「乳酸」は血液中ですぐに酸化分解され、再びエネルギー源として活性化されるのです。

つまり「乳酸」は老廃物ではなく活動のエネルギー源になっているのです。

 

一方、「乳酸菌」は元々身体の中に住んでいて、腸内では「乳酸菌」が「乳酸」を作り出して有害菌を押さえています。

この「乳酸菌」の種類は350種類以上あるといわれています。

 

プロバイオティクスを手軽に

腸の中を整えるためにプロバイオティクス・・・要チェックですね。

このお手軽でどこでも販売されているプロバイオティクスの乳酸菌たちですが、さらにすごい効果があります。

 

便秘の改善や免疫力、がんに対する効果をはじめ、その他にも多くのはたらきを持っています。

 

  • 老廃物を排出することで老化を防止する効果・肥満などの体質改善
  • 花粉症・鼻炎・敏感肌の改善やアトピーの改善
  • 高血圧予防、中性脂肪・コレステロール値の低下
  • 女性ホルモンのエストロゲンの代謝促進、美肌効果
  • 虫歯や口臭・歯周病の予防

 

こんなことも!と思いますね。

よく耳にする健康上の心配事に腸が関わっていることが分かります。

 

知りたいお通じのこと

健康に役立つ乳酸菌ですが、どのように活動してお通じを改善していくのでしょうか。

 

乳酸菌はまず、腸の中で糖分を分解する活動を始めます。

これにより「乳酸」が出てきます。

この乳酸が悪玉菌の増加を止めてくれるので、善玉菌が活動しやすくなり腸内環境が整ってくるのです。

腸内フローラのバランスが整えられると腸の動きも活発になり、便の水分量も適切に調整されてくるので便の排出がスムーズになります。

善玉菌が活発になれば、悪玉菌の動きが低下し、日和見菌もおとなしくなるので腸内環境が安定してきます。

このようなプロセスにより、便秘や下痢、ガスが溜まるといった悩みが改善されていきます。

お腹も軽くなって肌荒れも改善していくのです。

 

[3]手軽な乳酸菌サプリ

健康維持や美容のために良い菌を増やしていきたいものですが、手軽に利用できるのが乳酸菌サプリです。

必要な乳酸菌が揃えられえて一粒にギュッと高配合されている手軽さがあります。

 

乳酸菌サプリを選ぶポイントは「生きたまま腸まで届く」ことが最重要になります。

 

乳酸菌には膨大な種類があり、胃酸で死んでしまった後でも腸内細菌のエサになってくれる種類があるので決して無駄にはなりません。

そして生きて腸に届いた菌は、善玉菌を加勢できるので腸内を積極的に整えることができます。

 

また、乳酸菌は食品でも摂取することができるため食生活を工夫していきたいところですが、一回で摂取した分を体内に蓄えておくことができません。

食品の場合は毎日コツコツ食べる必要があるため、やはりサプリメントが多量の乳酸菌を取り入れる方法が手軽で便利ということになるのです。

 

ここで紹介されている大評判のサプリ『森下仁丹 ヘルスエイド ビフィーナS』に加えて、後半にも『人気サプリランキング』を載せています。

参考にしてみてくださいね!

 

乳酸菌の定着

摂取した乳酸菌がすべての人のお腹にぴったり合って腸内に定着してくれるわけではありません。

しかし質が良く大腸まで届いてくれる大量の乳酸菌の力で、まずは腸内細菌のバランスを整えることができます。

定着しなかった乳酸菌はそのうち排出されますが、継続して一定量の乳酸菌を継続して摂取すると善玉菌が優勢になり細菌バランスの良い状態が続きます。

このことで悪玉菌を抑え続けることができ、老廃物の排出など体調が改善されていきます。

お腹に合う乳酸菌を探し出すには、複数のヨーグルトを一定期間ずつ食べてみるなどの方法で探っていくことはできますが、ちょっと期間もかかり、簡単ではありません。

腸内細菌のバランスを整えたい!そういうときにはサプリメントの活用でスピーディーに体質を変えていくことが可能になるのです。

そこで、まず始めにおすすめしたいのが、森下仁丹『ヘルスエイド ビフィーナS』です。

 

森下仁丹『ヘルスエイド ビフィーナS』とは?!

飲んで効果を実感しやすい「ヘルスエイド ビフィーナS」。

安心の老舗「森下仁丹」製です。

 

ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く!

売れ筋の乳酸菌サプリ【森下仁丹のヘルスエイド ビフィーナS】は、乳酸菌が生きたまま腸まで届きます。

 

ココがポイントですね!

 

生きたまま腸まで届いた「ビフィズス菌(ロンガム種BB536)」が腸内フローラを良好にして便通を改善します。

 

独自に開発された耐酸性3重構造のダブルプロテクトカプセルで腸に到達するまでカプセルが溶けないため、有効な乳酸菌が腸まで届き、腸内細菌を助けてくれます。

 

ポイントは「ビフィズス菌ロンガム種」

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸の活動をスムーズにする作用があります。

お腹の内側からスッキリを実感できるのです。

50億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)に加えて乳酸菌10億個(アシドフィルス菌とガセリ菌)も配合。

ヘルスエイド ビフィーナSは腸内環境を良好にする機能性食品です。【消費者庁機能性食品】

「ビフィーナ」シリーズ乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1

※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績)ビフィーナシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)販売実績累1,000万個突破&愛用者数96万人

※旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)ベストセラー1位

 

乳酸菌サプリおすすめ人気ランキングはコチラ!

 

【2】理想的な腸内細菌バランスは?

[1]腸内細菌の構成バランス

このように腸内環境の良し悪しで私たちの健康は保たれていると言っても過言ではないようですね。

腸の中のお花畑に例えられえるように、腸内の細菌は種類が豊富です。

そのため健康のために一番いい善玉菌や悪玉菌のバランス比があるのです。

理想的な腸内細菌のバランスは、

 

  • 善玉菌:2割
  • 悪玉菌:1割
  • 日和見(ひよりみ)菌:7割

と考えられています。

 

日和見菌は「中間菌」とも呼ばれています。

 

腸内細菌が約2キロということですから、

善玉菌が400g、

悪玉菌が200g、

中間的な「日和見菌」が1,400g位ということになりそうです。

 

野菜不足や肉食生活の影響で腸内細菌バランスが崩れやすくなっているのは想像できますね。

食生活は長年積もり積もってきたものですので簡単には変えられませんし、ダイエットの時であっても食事内容を変えるのに思い切りが必要です。

 

そう、簡単には食習慣って変えられませんよね。

だから生活習慣病という病気の種類が存在するわけです。

そのためいつもスムーズに出る人と、だいたい詰まりがちな人に分かれるわけです。

ですが腸の大きな働きを知り、免疫力に関わることを知った今、どうにかしたいという気持ちがあります。

 

悪玉菌が優位な腸内環境は、当然いけないでしょう。

 

そして腸内の細菌バランスを整えていくために目標となるのが、この細菌たちのバランスです。

良い影響の善玉菌と害を及ぼす悪玉菌、中間の日和見菌。

主に小腸に生息する乳酸菌と、主に大腸に生息するビフィズス菌が、代表的な善玉菌です。

これは乳酸菌とビフィズス菌に取り組まなくてはなりませんね!

 

善玉菌(有用菌)

主な善玉菌には、ビフィズス菌/乳酸菌/フェカリス菌/アシドフィルス菌などがあります。

乳酸菌は善玉菌(有用菌)の中の1%ほどの割合で、ビフィズス菌は大腸で整腸活動をしてくれていますので善玉菌の90%以上を占めています。

不要物の分解や老廃物の排出が大腸の大きな仕事ですから、腸内細菌類も力を入れて量が多くなっているわけなのでしょうね。

その乳酸菌やビフィズス菌ですが、弱酸性の酸を生み出しその刺激で大腸の動きを活性化させています。

大腸の中でとどまっていた悪玉菌が含まれる便秘便が排出されると、活性化された善玉菌が優位な腸内環境になるというわけです。

しかし善玉菌は年齢とともに低下しやすくなります。

 

年齢とともに善玉菌は激減!

おなかの腸内細菌は赤ちゃんの頃はビフィズス菌が99%も存在していますが、

20歳くらいをピークに年々減少していきます。

60歳位の頃になるとビフィズス菌の割合は1%程度にまで落ち込むため驚くほど減少するのです。

 

日本人は、みそ汁、漬物・納豆・キムチからヨーグルトや発酵食品・チーズまで各種さまざまな乳酸菌を摂取していますが、それでも中高年になると腸内のビフィズス菌が激減するのですね。

 

歳を重ねて増えてくるのが悪玉菌

善玉菌が減ると台頭してくる悪玉菌。

悪玉菌が増加すると腸管で有害物質を生成し健康を害する恐れがあるので、ビフィズス菌などの善玉菌を積極的に摂取する必要があるのです。

 

もうトシだから、とヨーグルトを控えるのは逆効果。

若い人だけ、美容のためだけの食べ物ではないのです。

もしヨーグルトだと身体が冷えるなどの心配があるのなら、乳酸菌のサプリがあります!

 

腸内フローラが整って免疫力が高まると、肌質の改善にもつながります。

年齢を感じる肌を気にしている場合にも効果があるのです。

 

 

[2]悪玉菌(有害菌・腐敗菌)

一方の悪玉菌は全部がすっかり悪者というわけではなく、一部は善玉菌の役に立っているのですが、

病原性大腸菌/ウエルシュ菌/ブドウ球菌などがあり、一定以下に抑えていきたい菌です。

タンパク質を好み、分解しながらさまざまな有害物質を作り出して増殖します。

人体に有害な働きをする菌であり、発がん性物質を作り出したり、脂質やたんぱく質を腐敗させたり、アンモニアや硫化水素などの有毒性のガスを発生させます。

くさいおならの原因はやはりココですね。

そして発がん性物質は大変気になります。

これはできるだけ早く外に出していきたいですね。

 

日和見菌(中間菌)

日和見菌はどちらにも属さない菌で連鎖球菌やバクテロイデス菌などがあり、悪玉菌が優勢になると悪玉菌の加勢をします。

腸内で善玉菌が優勢なら大きな働きをしないのですが、悪玉菌が優勢になってくると、量的にも多いため有害な作用を及ぼすことがあるわけです。

通常、善玉菌が2割で悪玉菌が1割。

その差が縮まったり逆転したりしてしまうと、全体の7割を占める大量の傍観者が、悪いほうに加勢して活動し始めるというわけですね。

つまり、腸のベストバランスは善玉菌が劣勢になるとすぐに崩れてしまうということのようです。

悪玉菌に対抗していかなければなりませんね!

 

[3]悪玉菌が優位になるとどんなことが起きるのか

悪玉菌が腸内で優位になると、腸の活動力が落ちて食べたものが消化吸収されにくくなります。

 

老廃物が腸内に溜まりやすくなるため様々な不調が起きやすくなり、疾患の原因にもなります。

 

この腸内の菌の構成は個人差が大きく、少し食事を変えたくらいでは簡単には変化してくれません。

 

腸内の老廃物が順調に排泄されないでいると、毒素を持つものや発がん性物質、臓器にダメージを与える有害物質など余分な物質が発生してきます。

近年の研究によって明らかになってきたのは、標準体型の人と比較して、肥満体型の人は腸内細菌のバランスが崩れやすいということです。

 

健康への影響

(1)便秘・下痢・ガス溜まり

腸は自律神経の影響を受けやすい臓器です。

ストレスを受けると腸の働きが悪くなり、便秘や下痢をしやすくなります。

老廃物が腸内にとどまるとガスが発生しますので、お腹が張って苦しくなります。

腸内細菌の力によってスムーズな排便が習慣化され、有害物質を体外に排出することが重要です。

《大腸の病気》

悪玉菌が繁殖すると、便の腐敗臭が強力になるにとどまらず、その生み出された有害物質などを通して大腸にポリープが形成されやすくなったり、ガンに至るリスクも上昇すると指摘されています。

この内容は気になりますね。

悪玉菌が繁殖すると有害物質が生み出されるため、大腸の疾患リスクの上昇が心配されます。

早期の段階では自覚症状はなく、下痢と便秘を繰り返したり、よく残便感があったりおなかが張るなど、一般的な便秘の症状程度しかありません。

しかし大腸にポリープが発生して進行するにつれて別の臓器に転移してしまうことがあります。

自覚症状のないままに進行しやすい重大な病気ですので、免疫機能のためにも腸内環境を整えていくことがとても重要になるのです。

(2)肌荒れ

腸の動きが悪くなって排出されなかった老廃物は、腸の中で腐敗してしまいます。

毒性のあるガスを発生させ始め、最終的には何とかして肌から排出しようとします。

老廃物が肌の角質や皮脂にストレスを与えるため、肌荒れやニキビ、吹き出物となって皮膚が薄くて皮脂腺の多い顔部分に出てきてしまうのです。

(3)口臭・体臭

善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなるとおならが出やすくなります。

悪玉菌が優勢になると分解しきれない老廃物が腸内で腐敗するため、臭いの原因となるガスが発生します。

これらの腐敗物のガスの成分が血液に吸収され全身の血液をめぐると、体臭や口臭、汗のにおいになったり、全身がなんとなく臭くなるなどの影響が出てきます。

《口内細菌にも影響が》

腸内だけでなく、口内の悪玉菌に関連して口臭が悪くなる可能性もあります。

口内の悪玉菌の一種、ジンジバリス菌が活発になると引き起こされるのが「歯周病」です。

ジンジバリス菌はどんどん増殖していきますがその際に独特の口臭のガスを発生させます。

悪玉菌が原因となる口臭を防ぐには、やはり腸内を整えて善玉菌を増やすことが大切になります。

ジンジバリス菌の場合は、口の中が乳酸菌の力によって酸性に保たれることで悪玉菌の増殖が抑えられ、口臭の予防につながっていきます。

(4)自律神経・免疫系への影響

おなかのガスで腹部の張りや胃のもたれなど不快感が出やすいとストレスから自律神経にも影響を与えます。

体を動かす気力が落ち、便秘・下痢が悪化していくなど、悪循環の原因になる場合があります。

腸内環境が悪化していくと、腸内細菌は身体の大半の免疫細胞を生み出しているため腸に存在する免疫細胞の活動力が低下してきます。

免疫細胞を活発に活性化させるには腸内細菌の適切なバランスが必須です。

(5)メタボリックシンドローム対策

腸内環境は便秘症や免疫機能だけでなく、メタボリックシンドロームにも影響を及ぼします。

《カゼインを分解》

たんぱく質の一種であるカゼインは、様々な食品に添加されている乳化剤として知られています。

粘性が高いため食品によく使われているのですが、身体に蓄積されやすいという問題があります。

また、カゼインにはアレルギーの原因やガンの原因として指摘もされており、体内から排出したい物質なのです。

乳酸菌はこのカゼインを分解して、ラクトトリペプチドという物質を生み出す働きがあります。

このラクトトリペプチドには、血圧を上げる酵素の働きを抑えたり、傷ついた血管を修復し弾力を取り戻すなどの効果があるといわれています。

つまり、乳酸菌が害のある蓄積物質の分解を行って、健康に効果的な物質を生み出し、高血圧の改善の効果につながる役目を果たしているのです。

《コレステロール対策》

乳酸菌によってビフィズス菌が活性化されると、腸内のコレステロールの大半を腸で吸収されにくいコプロスタノールという物質に分解してくれます。

これによって血管の内壁をボロボロにする血中の悪玉コレステロール値が下がり、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病のリスクをさげることにもつながるのです。

《肥満防止》

腸内細菌が脂肪酸を生み出すと、脂肪酸がエネルギー代謝に関わる受容体を刺激することにより肥満を防止する効果があるのです。

また、悪玉菌の増殖が適切に抑えられて善玉菌が優位になると、食物の消化吸収の効果がアップしていくのです。

《ビタミンB群を生成》

乳酸菌はビタミンCを材料にしてビタミンB群や葉酸、ビオチン(ビタミンH)などを合成してくれるのです。

体内でビタミンB群が生成されるため、疲労の軽減や活性酸素の除去効果も持っています。

私たちの体はビタミンが不足しがちですので、乳酸菌のはたらきを借りていきたいところです。

【3】乳酸菌配合サプリおすすめ人気ランキング

服用している医薬品やその他サプリメントに関係なく利用できて腸内環境を健康にする乳酸菌。

毎日の食事で気を配っていくのも大切ですが、外食をするときや簡単に済ませる時もあるため、すべて管理していくのは大変なことです。

サプリメントであれば1日わずか数粒でヨーグルト数十個分の乳酸菌を摂ることができます。

さらに乳酸菌に加えて美容と健康に必要な厳選成分も含まれていますのでお得で便利。

便秘が気になるからと医薬品を試してみても、お腹が薬品慣れしてしまうのは怖いですし、しっかり調べてみないと、お腹が痛くなってしまうタイプのサプリメントも世の中には混在しています。

ここでは、人気の高い乳酸菌サプリの上位ランクイン製品をご紹介しています。

乳酸菌サプリの優秀さのポイントは、その安全性や効果、手ごろな価格、どこでも飲める持ち運びのしやすさ、保存の手軽さです。

お手頃プライスで試すことができ、身体に大きな効果が出てくる乳酸菌サプリをご紹介します。

 

森下仁丹のヘルスエイド ビフィーナS

人気おすすめランキングでも圧倒的シェアを誇る乳酸菌サプリ『ヘルスエイド ビフィーナS』!

 

ポイント➀ビフィズス菌(ロンガム種BB536)が50億個(1袋あたり)配合

腸の中の大半のビフィズス菌は年齢とともに構成が低下していきます。

しかしこの「ロンガム種のビフィズス菌」は高齢になるまで生存割合が低下しない珍しいタイプのビフィズス菌なのです。

このロンガム種には、整腸作用や免疫力を向上させる効果、コレステロールを低下させる効果が認められていて、年齢にかかわらず感染症を予防したり健康を支えている重要な菌だと考えられています。

美容や便通などの悩みだけでなく、健康に根本から働きかけてくれる優れた菌を1袋になんと50億個配合。

 

 

ポイント②ビフィズス菌ロンガム種を腸に届けるための独自のハイパープロテクトカプセル!

スティックタイプなので、粉末状のサプリ?それでは腸まで届かないのでは?と思いがちですが、スティックの封を切ると、カプセルに閉じ込められた粒が入っています。

この3重構造のカプセルは耐酸性。

ビフィズス菌を守り腸まで送り届けています。

 

ポイント③乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1

※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」

販売実績累計1,000万個突破 愛用者数96万人

※旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計

(森下仁丹調べ)

 

【初回限定!】30日分30袋2980円(税込)

 

 

善玉菌の力

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌がいま大人の女性に注目されています。

『善玉菌の力』はカスピ海ヨーグルトの「クレモリス菌FC株」をギュッと凝縮して高配合!

「クレモリス菌FC株」のパワーの秘密は強力な「ねばり」です。

他の乳酸菌にはほとんど含まれない強力な「ねばり」成分を作り出しています。

この力強い乳酸菌の力が体の内側から整える手助けをしてくれるのです。

 

ポイント➀カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株を1粒に20億個以上凝縮

クレモリス菌FC株は生きて大腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌です。

 

ポイント②ヨーグルトより低カロリー!1粒たったの0.71Kcal

カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株はそのまま食べても生きて大腸まで届く種類の乳酸菌なのですが、ヨーグルトはどうしても食べる時に糖分がひつようになるのでカロリー面が気になってしまいます。

その点をクリアしたのが『善玉菌の力』です。

低カロリーの1粒わずか0.71Kcal で腸から健康を支えます。

 

ポイント③カルシウム70㎎に加えて、善玉菌のエサとなる食物繊維も配合!

細胞の生まれ変わりによって骨のカルシウムも代謝されていきます。

人体に必須のカルシウム成分を配合し、同時に善玉乳酸菌のエサとなる食物繊維が配合されているので体内で最大限に力を発揮してくれるのです。

 

毎日スッキリしない、お腹のポッコリが気になる、ぐるぐる音がして困っている。

そんなあなたに毎日手軽に飲める!体の内側から整える抜群の効果がここにあります。

《善玉菌の力の詳細を見る》

 

 

アレルナイトプラス

注目の善玉菌「植物性ラクトバチルス乳酸菌」に美肌有効成分配合!

定期コース特別34%割引⇒5,980円(税込)

 

■ラクトバチルス菌について■

『アレルナイト+(プラス)』に配合されているラクトバチルス乳酸菌ですが、「虫歯菌」と呼ばれることもあります。

ヨーグルトなどの食品の状態で摂取するとき、虫歯経験者はミュータンス菌を持っているため、ラクトバチルス菌と結びつきやすくなるためです。

しかし効果の高いラクトバチルス菌を摂取しないのはもったいないことです。

そこで便利なのがラクトバチルス菌配合の乳酸菌サプリです。

サプリで摂取して、カプセルに入った状態で口を通り抜けることができれば良いのです。

虫歯菌が口にいるかどうかわからないけれどたぶんいる!虫歯治療の跡があるし、という方には『アレルナイト+(プラス)』でのラクトバチルス菌摂取がおススメです。

 

ポイント➀酒粕から発見された植物性ラクトバチルス乳酸菌!

植物性乳酸菌は1日の必要摂取量が100㎎と言われています。

アレルナイトプラスなら、1本にその100㎎がすべて配合。

この100㎎の中には植物性乳酸菌がなんと約1000億個!

 

ポイント②大手口コミサイトでも高評価!

@cosmeで口コミ5.3pt!顧客満足度88.5% (※調査対象年齢10歳以上)

 

ポイント③美容成分が15種類セットで配合!

美容維持に必要なビタミンB群(B1:10mg/B2:40mg/B6:30mg/B12:3μg)

ナイアシン30㎎/パントテン酸33㎎/葉酸0.4㎎

ラフマ葉抽出物50㎎(日米特許取得済)/ギャバ100㎎・グリシン1000mg・クワンソウ・バレリアン・アメリカジンセンなどのハーブやアミノ酸を同時補給できます。

《葉酸》は妊娠時に耳にする成分ですが、肌のターンオーバーを促進し、ビタミンB12とともに赤血球の生成を助ける働きもあるため貧血気味の人にもピッタリ。

若々しい美肌を保つために必要なビタミン成分なのです。

 

ポイント④皮膚全般の対策に必須の成分「ビオチン」配合!

ビオチンはビタミンB群に属する水溶性のビタミンでビタミンHとも呼ばれています。

皮膚の炎症防止や皮膚や粘膜を健康的に維持したり、爪や髪の成長に関わるビタミンです。

不足するとアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や血液不足による脱毛などの症状につながるため皮膚症状が気になる方は全般に摂取しておきたい成分です。

このビオチンの摂取基準は1日に50μgと言われています。

『アレルナイトプラス』にはビオチンが60μg配合!優れたオールインワンサプリなのです。

 

ポイント⑤原材料は全て信頼成分。無添加の安心サプリです。GMP認定の国内工場製造品。

◎アレルギー特定原材料27品目不使用 ◎着色料不使用 ◎防腐剤不使用 ◎ステロイド不使用

【気になる全成分についてはこちら】

マルチトール、エリスリトール、植物性乳酸菌(植物性乳酸菌(殺菌)、デキストリン)、ギャバ、ラフマ葉抽出物、アメリカンジンセンエキス、クワンソウエキス、バレリアナ根抽出物、パラチノース、デキストリン、グリシン、クエン酸、香料、ビタミンB2、パントテン酸Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンB1、ビオチン、ビタミンB12、葉酸、微粒二酸化ケイ素

 

 

《アレルナイトプラスの詳細を見る》

 

 

【4】腸内環境は改善できる!

 

腸内環境を改善できれば腸の活動も高まり、免疫力も向上します。

 

腸は重要な免疫細胞を生み出す器官であり、この免疫細胞=NK細胞はナチュラルキラー細胞と言われ、

がん細胞も攻撃する重要な免疫機能として近年さらに重要視されています。

 

ストレスの多い生活習慣や加齢のため善玉菌が減少していませんか。

 

「調子が良くないなぁ」という実感がすでにあるならば、積極的に腸内環境を整えていくことが重要です。

 

腸内細菌のバランスは生活習慣や年齢などの要因により人によって構成が異なります。

この腸内細菌の中の善玉菌を増やし活性化させる方法を見てみましょう。

腸内フローラを整える方法

善玉菌は乳酸や酢酸、酪酸やビタミンB群・プロビオン酸などを作り出します。

対する悪玉菌は、脂肪や肉類などの脂質を好み、腐敗させて有害物質を生成するのです。

そのためタンパク質の摂りすぎや食事のバランスが重要になってきます。

悪玉菌が有害物質を作り出すと、それらは血液に運ばれて全身にばらまかれてしまいます。

滞留した便には食物の腐敗物質や有害物質や腸内細菌の死骸が多く含まれますので、順調に体外に排出できる腸内環境をキープすることが必要です。

 

[1]腸内環境の絶妙なバランス

おなかの調子の良い人がうらやましくなりますが、決まった構成が安定してずっと続いていくのが腸内細菌。

身体にとって重要な働きをもつ腸内環境は、子どもの頃、とくに3歳までに獲得した菌の種類によってバランスが決まると言います。

しかし食習慣の改善で大人もちゃんと細菌バランスが改善するという研究結果もあります。

簡単には変化しないけれど、頑張れば良くなる。

腸内細菌は、一定の状態を続けていればその状態が続いていくということになります。

つまり長い年月、良い状態であればそのまま良い状態が続き、

長い年月、食習慣などを改善しないままであれば、そのバランスのままで続いていくということになります。

重要なのは、腸内細菌は改善できる!というポイントですね。

 

[2]食事で腸内環境を改善するには

腸内フローラのバランスを整える方法として、善玉菌が好む栄養分であるオリゴ糖や食物繊維が含まれた食品を積極的に摂取することがあげられます。

ただし、カロリーオーバーの点に注意が必要ですよね。

腸内フローラを良い状態に保つには、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品で善玉菌を補充したり、善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維などを積極的にとることが改善につながります。

一方、悪玉菌の増殖につながる高脂肪・高糖質食は控えていきましょう。

ストレスをためないことも重要になってきます。

食生活や生活習慣を見直し、腸内フローラを正常化することで、健康で楽々な生活を送ることができます。

また乳酸菌の効果は人それぞれ異なりますので、その乳酸菌が合う人、効果がすぐ出る人、逆にそれほど効果を感じられない人もいます。

体調や乳酸菌の摂取量、食事の回数などにより効果を実感できるまでには日数を要します。

 

[3]腸内フローラに良い食べ物とは

サプリメントも優秀ですが、基本は日常の食事から適切に乳酸菌を取っていきたいものです。

いろいろな食品から複数の菌をとることで腸内細菌が刺激され、腸の働きが活発になるからです。

献立用の食品の他にオリーブオイルも便を柔らかくするためお通じに効果があり、腸の活動の役に立ちます。

今日はいつもと違うものを食べてみる、というチャレンジも健康に役立つのですね。

 

(1)発酵食品

代表的な例としては、キムチ・ぬか漬けなどの漬物・納豆・味噌・ヨーグルト・チーズなどがあります。

これらの食品のように善玉菌そのものを含む発酵食品を意識して摂るとたいへん効果的です。

乳酸菌を利用した発酵食品は?油や酢、醸造酒などを含めて保存食として利用されてきました。

発酵による酸性化で腐敗しないため食品の長期保存が可能なのです。

また味噌や塩麹(こうじ)・キムチ・ぬか漬けなどは、胃酸に強い性質の植物性乳酸菌なので生きたまま腸に届くと言われています。

日本の伝統的な食事は非常に健康にかなった食品なのですね。

 

(2)食物繊維が含まれる食品

胃の消化酵素だけでは食物繊維は消化されないため、大腸まで届いて腸のそうじをしてくれます。

食物繊維には、海藻類の「水溶性」食物繊維と根菜類が代表的な「不溶性」食物繊維があります。

不溶性食物繊が2、水溶性食物性繊維が1の割合で摂取すると腸内でバランスよく役立ってくれます。

 

水溶性食物繊維

腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境を整えます。バナナ・りんご・アボカド、キノコ類・海藻類などに含まれています。

不溶性食物繊維

便の量を増して腸を刺激して大腸の運動を活発にしてくれます。納豆などの豆類、ごぼう、イモ類やドライフルーツなどに含まれています。

 

(3)オリゴ糖が含まれる食品

オリゴ糖はビフィズス菌の活力源となり、腸内のビフィズス菌を増やします。

オリゴ糖や上記の水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなるため活性化に役立つのです。

代表的なものとしてハチミツやバナナ、玉ネギやゴボウ、味噌などがあります。

玉ネギやゴボウなどの根菜類も含んでいるとは意外ですね!

甘味料のコーナーで販売されているオリゴ糖は、牛乳やヨーグルトに入れると美味しいのですが、

一度に多く食するとお腹が緩くなることもあるようです。

他に、米やイモ類などデンプンを多く含む食品を食事用に加熱するとオリゴ糖の含有量を増やす効果がありますので、根菜類や穀類などの日本食は、自然にオリゴ糖を体内に取り入れる上手な方法なのですね!

【注意!】腸内フローラに良くない食べ物

コンビニの商品やファストフードなど、防腐剤・人工添加物が普通の食品より多く添加されているものは、日常的に摂取し続けると活性酵素が作られやすくなり、腸を痛めてしまいます。

こう聞くと、なるほど、と理解できるのですが、スイーツ類は皆さんいかがでしょう。

また、ぬか漬けや味噌、キムチなどに食品添加物や合成保存料は入っていますか?

悪玉菌はタンパク質や砂糖、油分を好むため、スイーツ類はそのものずばり大好物ということになります。

食品には添加物や保存料が添加されていますね。品質を保つためです。

お味噌やダシのパッケージには「無添加」の旨が注記されている製品もありますので、購入時はそのような製品を選んでいきましょう。

また、スイーツを食べたから食事を減らす、という方法では食品の栄養素を取り入れられなくなります。

ダイエットだからこれで良いと考えず、バランスよく食べていくようにしましょうね。

《生活面では》

また、適度な運動や十分な睡眠も必要となります。

身体活動とリラックスの時間、交感神経と副交感神経の切り替えです。

運動や睡眠が不足していると、ストレスや体調不良の原因にもなり腸への影響が出てきます。

体調が思わしくない時は特に、生活習慣の中での時間配分を見直していくことも大切になります。

 

【5】キレイな腸内環境を維持したい

[1]食べ物だけでは難しい?

食生活を改善していけば腸内環境が良くなる、腸内が良くなれば健康の心配も美容面も安心だから食事で改善しよう!一番安い!と思いますが、

食べ物は季節的に食べやすい時期と食べにくい時期がありますよね。

 

ヨーグルトは寒い時期には冷たいですし、納豆は暑い時期には匂いも食感もちょっと気になります。

すべて食事だけで改善できたら良いのですが、そうもいきません。

 

そんな中、手軽に続けられるのがサプリメントなのです。

 

ちなみに漢方や生薬は?

和漢生薬による便秘対策製品も多く販売されています。

古来から効果が確認されている成分ですが、服用のタイミングについてはしっかり確認をしましょう。

食後であればちゃんと食事をした後に、食前・食間の場合は食事の間隔をちゃんと開けてから服用しましょう。

こういう服用のきまりって、守れるかな・・・と思ってしまいますよね。

そこで、薬効の高い生薬や漢方は便秘がひどい時などの一時期に使うものとして利用してみてはいかがでしょうか。

通常はサプリメントを使って健康の基礎、便通のリズムを作っていきましょう。

 

[2]たくさんの乳酸菌

基本的な食事の補助として役立つ乳酸菌サプリメントですが、乳酸菌にはたくさんの種類があるのでどれが良いのか迷ってしまいますね。

代表的な効能を見てみましょう。

 

ビフィズス菌

便通を改善するビフィズス菌ロンガム種や、ビフィズス菌SP株などは、生きて大腸に届いて定着する種類の菌です。

大腸菌を抑制し腸内環境を整えるなど整腸作用に優れています。

病原性大腸菌O157の感染予防効果も研究により明らかとなってきました。

現代では肉食など食事の欧米化により腸が傷つけられやすい環境になっていますが、その肉食による腸の劣化を抑える作用も報告されています。

クレモリス菌

「カスピ海ヨーグルト」で有名な菌です。

「EPS」という粘り成分が特長的な粘りのもとになっています。

大腸まで届くことが明らかになっているプロバイオティクス乳酸菌です。

整腸効果のほか、アレルギーに対する効果、美肌効果などを持っています。

ラクトバチルス菌

70種類ほどある乳酸菌です。

R-1乳酸菌やLG21乳酸菌など、免疫力の向上やアレルギー対策となる乳酸菌もこのラクトバチルスの仲間です。

R-1乳酸菌

インフルエンザ対策に効果があるとして有名な乳酸菌ですね。

免疫力を向上させる効果があると言われています。

LG21乳酸菌

胃の粘膜に定着し、活性化すると胃がんの主な原因と指摘されているピロリ菌を抑制する効果を期待されています。

フェカリス菌

花粉症やアレルギー症状に効果のあると話題の乳酸菌です。

EC-12、FK-23などの表記があります。

ラブレ菌

植物性の乳酸菌で、腸内環境での生存率が高く、免疫力を高めるものとして期待されています。

乳酸菌シロタ株

胃酸・胆汁に強く免疫バランスの調整やアレルギーを軽減したり防いだりする作用を持ちます。

ガセリ菌SP株

コレステロールの低下や内臓脂肪の軽減などの効果を持っています。

胃の疾患に関わるピロリ菌を減少・抑制させる働きをもっています。

ブルガリア菌

昔からヨーグルトの製造に使われてきた菌です。

整腸作用があり腸のバリア機能を高める効果が知られています。

 

[3]便利な乳酸菌配合サプリ

年齢によるものだけでなく、食生活の乱れや食物繊維の慢性的な不足、ストレスの多い生活や運動不足なども腸内環境バランスが崩れる要因になります。

とくに便秘には食事の変化や食物繊維の摂取不足、腸内フローラの活動力がポイントとなっていますね。

腸内細菌のバランスを取っていくことが免疫機能にとっても最短の方法。

 

腸まで生きたまま乳酸菌やビフィズス菌を届けることができれば、腸内環境の大きな手助けになります。

そこで便利になるのが乳酸菌サプリメントです。

 

乳酸菌サプリメントには独自のコーティング技術がほどこされた良質の製品があり、乳酸菌・ビフィズス菌を生きたまま腸まで届けることができるのです。

 

また、その人の腸にとってぴったりの乳酸菌、相性の良い食材や栄養素の種類がありますので、複数の乳酸菌や栄養素が配合されているサプリメントを摂取する方が効果も表れやすいのです。

そしてサプリメントには効能の高い乳酸菌を厳選して配合しています。

こういう点からもサプリメントで腸内環境の改善をはかる方法が即効性のある上手な方法だと言えるのです。

 

サプリメントの力を活用して腸内改善を進めていきましょう。

質の良い乳酸菌やビフィズス菌を簡単に摂取できる手軽な乳酸菌サプリが人気の理由は、こういう点にあるのです。

 

乳酸菌サプリおすすめ人気ランキングはコチラ!